Loading

刀剣ブログ

日本刀の刃文について・その1

刃文

美しい刃文の世界

刃文とは、焼入れによって生じた文様、焼刃のことをいいます。その性質、形状によって区別することができ、日本刀の出来や美しさを表しています。
今回、その刃文の種類を紹介していきます。

直刃(すぐは)

真っ直ぐな刃なので直刃といいます。刀の世界では「直刃に始まり直刃に終わる」という格言があるように基本にして終着点です。焼刃の幅により、細直刃・中直刃・広直刃と呼び分けています。基本的な刃文なので、時代と流派を問わず見られます。

湾れ刃

やや波打ったような刃文です。刀の刃文には基本的に直刃と乱刃の二種類しかないのですが、湾れ刃はその中間に位置しています。小さな湾れは直刃の延長線上に位置しますし、大きな湾れは乱刃に属します。中には「直刃は真っ直ぐな刃なのだから僅かでも湾れたら直刃ではない」という方もいらっしゃいますが、鑑賞者によって主幹が変わるのが現実です。

乱刃

直刃以外の刃文は基本的に乱刃に属します。乱れの中には種類があり、丁子乱れや箱乱れなど主に形状によって呼び分けています。下記に一部を列記します。

丁子刃

代表的な乱刃の一つです。乱れの頭が丁子(クローブ)の蕾に似ていることから丁子刃と呼ばれています。乱れの大きさによって「大丁子刃」と「小丁子刃」に分けられ、また乱れの形によって「逆丁子」「重花丁子」「蛙子丁子」「拳形丁子」「足長丁子」などに分けられています。

大丁子乱れ

大模様の丁子刃で主に鎌倉中期に流行しました。その代表としては一文字派長船派来派の国行、二字国俊などが挙げられます。

小丁子乱れ

小さめの丁子乱れで平安後期からみられます。古京物や古備前などにみられる小丁子乱れは品良く古雅な雰囲気を漂わせています。

重花丁子

丁子乱れが大房で、桜の花びらが重なったように賑やかに乱れている刃文です。刀の刃文としては最も華麗なものといっても過言ではないでしょう。ただ出入りが激しいため、戦には不向きだったのか、基本的に鎌倉中期頃の福岡一文字派及び後世に同派の作刀を写したものにしかみられません。

蛙子丁子

丁子乱れの頭が蛙子、つまりオタマジャクシの格好に似たものです。長船光忠と畠田守家が得意としています。

拳形丁子

丁子乱の頭がふくれ、拳の形になったもので、大坂新刀の二代河内守国助が生み出しました。

足長丁子

丁子乱れの足が特に長いものをいいます。大坂新刀の粟田口近江守忠綱やその門人などに見られます。

逆丁子

丁子の向きが通常とは事あり鋒の方に向くため逆丁子と呼ばれます。吉岡一文字、備中青江派に多く見られます。

画像:短刀 無銘:正宗(名物:小松正宗)出典:名物刀剣

 

 

江雪左文字・徳川頼宣の愛刀

宗三左文字(義元左文字)・天下取りの刀

関連記事

  1. 太刀銘と刀銘・表銘と裏銘

    2017.07.05
  2. 上古刀・古刀・新刀・新々刀・現代刀

    2017.08.20
  3. 日本刀の銘

    2017.06.28
  4. 日本刀の種類は?刀剣を形で分類する

    2017.05.10
  5. 太刀と刀の違い

    2018.03.19
  6. 茎の種類

    2018.02.18
PAGE TOP