Loading

刀剣ブログ

八文字長義・恐るべき切れ味を秘めた豪刀

八文字長義

八文字長義(はちもんじちょうぎ)

  • 指定:特別重要刀剣
  • 無銘 伝長義(名物 八文字長義)
  • 所蔵:個人蔵
  • 種別:
  • 流派:長船派

刀 無銘 伝長義(名物 八文字長義) 出典:名物刀剣

八文字長義

刀 無銘 伝長義(名物 八文字長義) 出典:名物刀剣-宝物の日本刀日本刀集美

佐竹義重の武勲を今に伝える豪刀

本刀は、出羽久保田藩主佐竹家の御家名物「名物 八文字長義」です。号の由来は、「佐竹家腰物台帳」などの複数の文献によると、永禄十年に北条氏政が大軍をもって多賀谷政経が城主を務める下妻城を攻めた際に、多賀谷側の援軍として出陣していた佐竹義重(通称「鬼義重」)が、本刀で北条方の騎馬武者の頭部を一撃したところ、兜諸共頭部が真っ二つに割れ(兜のみが真っ二つという説もあります)馬の左右に八文字型となって落下した事から「八文字」と名付けられたといわれています。襲蔵されていた佐竹家では、無銘の刀の中では第一級の評価が与えられていたと伝わっていて、その出来とエピソードから現在でも多くの書籍に所載されています。大正に入ってから佐竹家から出た本刀は、現在は個人が所蔵しています。

佐竹家は源氏の名族

出羽久保田藩は、現在では一般的に秋田藩と呼ばれ、慶長七年に入城した初代藩主佐竹義宣より始まり、以後最後の藩主である佐竹義堯が版籍奉還するまで十二代にわたって同地を治めました。秋田の名は、佐竹家が入城する以前にこの地を治めていた秋田家に由来し、江戸期には出羽における佐竹家の居城の名に由来する久保田藩で呼ばれていました。佐竹家は、同じく新羅三郎義光を遠祖とする武田家と共に源氏を代表する名族の一つで、室町期には常陸の守護を務めていました。歴代の当主では、佐竹家中興の祖といわれる十五代当主佐竹義舜と「八文字長義」の所持者で「鬼義重」の異名を持つ十八代当主佐竹義重が高名です。

長義極めの傑作

この刀は、元来は三尺前後の大太刀だったと推測されるが、現在は二尺六寸近くに磨上られている。それでも反りやや深くつき、身幅は一段と広く、元先の差幅は目立たず、身幅に比して鎬幅狭く、重ねは厚めとなり、鋒は大鋒となるなど、延文・貞治期の時代色があらわれた威風堂々とした体配には貫録をすらも感じる。鍛えは、板目が肌立ち、地沸厚くついて地景交じり、乱れ映り立つ。刃文は、沸づいて互の目や湾れが大きく乱れ、刃中や刃境の働きが豊富で賑やかとなり、帽子も乱れ込んでよく掃きかけるなど長義の特色をよく示している。総体に放胆で、力感に富んだ出来映えの長義極めの傑作であり、加えてその豪壮な体配や手持ちの重さが義重の武勲を今に伝えています。

八文字長義の展示

八文字長義は個人蔵のため展示の機会は、なかなか無いかも知れませんが、長船長義の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

長船長義についてはこちらをご覧ください

刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
刀買取なら鋼月堂へ

長船長義・兼光と共に南北朝期の備前の代表工

山伏国広・古屋打ちの代表作

関連記事

  1. 名刀列伝・名物とよばれる名刀

    2018.04.05
  2. 謙信景光・霊験あらたかな上杉謙信の愛刀

    2017.09.18
  3. 宗三左文字・天下取りの刀

    2017.12.16
  4. 生駒光忠・長船光忠の代表作

    2018.10.22
  5. 歌仙兼定・優雅な号と残虐な逸話をもつ刀

    2018.02.11
  6. 獅子貞宗・戦乱に巻き込まれた悲劇の名刀

    2017.11.08
PAGE TOP