Loading

刀剣ブログ

五虎退吉光・虎をも退けた名短刀

五虎退

五虎退吉光(ごこたいよしみつ)

  • 認定:重要美術品
  • 銘:吉光(号 五虎退)
  • 所蔵:個人蔵(寄託先 米沢市上杉博物館)
  • 種別:短刀
  • 流派:粟田口派

五虎退

五虎退

重美  短刀:銘 吉光(五虎退)出典:上杉家の名刀と三十五腰

黒塗小サ刀拵

黒漆小サ刀拵

藤四郎吉光について

謙信が正親町天皇から拝領

本短刀は、上杉景勝御手選三十五腰の一つで、上杉家の御家名物「五虎退吉光」です。号の由来は、室町幕府三代将軍足利義満の遣明使として明に渡った役人が荒野で五頭の虎に襲われたが、この短刀で退け、帰国後に義満にその旨を報告したところ「五虎退」という号を付けたと伝わっています。役人から義満へ献上された本短刀は、更に義満から朝廷へと献上されました。その後、上杉謙信(当時は長尾景虎)が十三代将軍足利義輝の要請を受けて永禄二年に上洛した際に、正親町天皇から下賜され、以後上杉家に伝わりました。明治十四年に、愛刀家として知られる明治天皇が山形・秋田などへ巡幸した際、上杉家では本短刀を天覧に供したと伝わり、この時に上杉家は得用守家の太刀などを献上しています。昭和十二年に上杉憲章伯爵の所持で重要美術品認定、戦後同家から出た後、現在は個人蔵で米沢市上杉博物館に寄託されています。

上杉景勝御手選三十五腰の一つ

この短刀は、姿は平造、三つ棟、内反りとなり、彫は表裏に護摩箸を施している。地鉄は、小板目に流れごころの肌交じり、地沸微塵につく。刃文は、中直刃に浅い湾れ交じり、鎺元付近に二重刃かかる。茎は生ぶ、鑢目勝手下がり、先栗尻となり、「吉光」の二字銘を切っている。藤四郎吉光の典型作であり、出来もさることながらその伝来も素晴らしく、三十五腰に選ばれたことも頷ける名短刀です。

五虎退の展示情報

五虎退は「上杉家の名刀と三十五腰」2018年1月7日(日)~2月18日(日)まで佐野美術館で展示されていました。
五虎退の次回の展示は未定ですが、藤四郎吉光の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

短刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
短刀買取なら鋼月堂へ

日本刀の造り込み

歌仙兼定・優雅な号と残虐な逸話をもつ刀

関連記事

  1. 鶴丸国永・謎に彩られた五条国永の代表作

    2017.10.06
  2. 日向正宗・鬼日向所縁の名短刀

    2017.12.18
  3. 山鳥毛一文字・天下第一とも称される華やかな名刀

    2018.05.09
  4. 八文字長義・恐るべき切れ味を秘めた豪刀

    2017.09.28
  5. 物吉貞宗・家康秘蔵の短刀

    2017.09.23
  6. 獅子貞宗・戦乱に巻き込まれた悲劇の名刀

    2017.11.08
PAGE TOP