Loading

刀剣ブログ

五ヶ伝とは

五箇伝 関鍛冶伝承館

五ヶ伝(ごかでん)

五ヶ伝(或いは五箇伝)とは、名工や刀工集団を輩出した五つの主な生産地の伝法で、大和伝山城伝備前伝相州伝美濃伝の五つを指し、江戸期以降に五ヶ伝と称されるようになりました。姿や地鉄、刃文などにそれぞれ特色があり、刀剣を鑑賞する際の一助となるので、藤末鎌初と呼ばれる平安末期から鎌倉初期以降の作品には有効です。

日本刀五ヶ伝

大和伝(やまとでん)

五ヶ伝の中で最も古いのが大和伝です。文献では、大宝頃(701~703年)の人と伝えられる天国、天座などが大和鍛冶の初期の刀工として出てきますが、在銘作は現存していません。古くから天国作として伝わっている現御物の小烏丸も今日では平安前期頃の作としてみられています。千手院派、当麻派、尻懸派、手掻派、保昌派の五つの代表的な流派を「大和五派」と呼び、他に薩摩の波平派や越中の宇多派など社寺や荘園との関わりから大和から伝わったとみられる流派もあります。大和伝の特色としては、国の中央でありながらあまり時代の特色を感じにくいので特徴です。あとに出てくる華美な備前伝、典雅な山城伝と比べると質実剛健な印象を受けるのが大和伝です。大和伝に共通する特色としては、輪反りが雄大に付いた姿が特徴で、次に鎬筋が高く鎬幅が身幅と比べて広いこと、地鉄は柾目肌や板目肌が多いですが何れも流れごころを交え、地沸は総じて厚く敷くのが特色です。刃文は直刃を基調ですが、刃縁や刃中に砂流し・ほつれ・打のけ・喰違刃などの景色があり、刃中に多彩な変化が見られます。また、大和伝の短刀の場合、大振り、尋常、小振りに関わらず全体的に重ねが厚く、冠落造の短刀も他伝に比べて多く見られます。大和伝の作品は、無銘が非常に多く、そのほとんどが極め物です。これは、他国と比べて注文主が武士ではなく寺社が中心であった為と考えられており、作風の変化の少なさもそこに影響を受けていると思われます。

太刀 銘 大和国住人重行

太刀 銘 大和国住人(以下不明)

山城伝(やましろでん)

平安後期以降、京で発生した名工や刀工集団による鍛法です。平安京の遷都により、日本の中心になり繁栄した京の鍛法らしく大和伝のところでも触れましたが、他伝に比べて品格が高く雅な印象を受けるのが特色です。山城伝の刀の主な特徴として姿と地鉄が挙げられます。まず姿は、反りの中心が刀身の中央にある美しい輪反りが特徴で、これを華表(とりい)反り、笠木反りなどと称しています。地鉄は精微な小板目肌が詰み、細かな地肌が厚く、地沸映りが立ちます。山城伝を代表する流派としては粟田口派来派が挙げられますが、殊に粟田口派の地鉄は精緻で、通称梨子地肌と呼ばれています。刃文については、国の中心であるが故に時代の流行を取り入れるのが早く、時代毎でその作風が異なりますが、鎌倉末期以後は直刃調のものが多く見られます。京物、特に粟田口派の作品は現存する作刀が少ないです。これは、元々寡作であったのに加え、彼らの作刀が贈答品として最高ランクの扱いであった為、自然と権力者の元に集まり、その結果皮肉なことに戦火で破損してしまった為と考えられています。事実、短刀の作者として最高峰の一人で刀剣乱舞でもおなじみの藤四郎吉光の享保名物は約半分(刀剣乱舞だと薬研や骨喰、鯰尾など)が焼身です。

太刀 銘 兼永

太刀 銘 兼永

備前伝(びぜんでん)

備前伝は、平安後期以降に備前国で発生した名工や刀工集団による伝法です。平安後期から鎌倉時代初期にかけての古備前、鎌倉初期から南北朝初期までの一文字派、鎌倉中期から室町末期までの長船派などを要する日本刀を代表する伝法であり、日本刀の華とも称されるほど華美なのが備前伝の特徴です。備前伝の刀の特徴としては、腰反りと呼ばれる茎のすぐ上から反りが始まっている姿が有名ですが、四千人以上とも呼ばれる多くの刀工を抱える備前伝の場合、時代や流派によって様々な特徴があり、他伝と比べると一概に特徴をいえないのが実情です。刃文で言えば、古備前は直刃調か小丁子、小乱れなど、一文字派は丁子乱れや互の目乱れなど、長船鍛冶の長光は前期が丁子乱れ、後期が直刃調に小乱れと備前の場合は時代の変遷に沿って作風がガラリと変わります。その代表的なものとしては南北朝期にみられる相伝備前が挙げられます。当時は、鎌倉末期から興った相州伝が流行していましたので、流行の相州伝を自分たちの伝法に取り入れて出来たのが相伝備前と呼ばれる一連の作品です。平安後期から室町末期に吉井川の洪水で壊滅するまで日本刀の一大産地であった備前を代表する伝法である備前伝は、知れば知るほど奥の深い伝法です。

太刀 銘 備前国友成造

太刀 銘 備前国友成造

相州伝(そうしゅうでん)

相州伝は、鎌倉中期以降に相模国で誕生した伝法です。粟田口派出身の新藤五国光が相州伝の祖で彼の高弟である正宗(五郎入道正宗)が完成したといわれています。相州伝は当時一大センセーションを巻き起こし、全国に今でいう相州伝ブームを巻き起こしました。山城伝や備前伝も影響を受け、来国光や国次、長船兼光や長義などの作風には明らかに相州伝の影響が見られます。相州伝の作品は、短刀には在銘作がまま見られるのですが、刀に在銘作が少ないのが特徴です。実際代表工である正宗や行光には刀の在銘作が現存せず、貞宗や郷義弘(最近実装された篭手切江も無銘極めです)に至っては在銘作自体が現存していません。その為に明治期には「正宗抹殺論」が唱えられ、当時を代表する刀剣愛好家に加えて宮内省御剣係今村長賀や後の首相犬養毅なども参戦し新聞紙上で大きな論争になりました。現在の研究では正宗は存在するとされており、正宗の作は個人では最多の九口が国宝に指定されています。

城和泉正宗

刀(金象嵌銘)城和泉守所持 正宗磨上本阿 (花押)(号 城和泉正宗)

美濃伝(みのでん)

美濃伝は、五ヶ伝の中でも最も新しく成立した伝法です。大和手掻派出身と言われる志津三郎兼氏と関鍛冶の祖と伝わる金重が創始者と言われています。美濃伝の刀工は、備前に次いで多く、備前壊滅後は美濃鍛冶が全国からの注文を一手に引き受けたといわれています。また、優れた切れ味で鳴らした和泉守兼定や孫六兼元のように、銘に「兼」の字を冠する者が多いのが特徴です。美濃伝の作風は、兼氏の出身とされる大和伝と成立時期に流行していた相州伝の影響を強く受けており、兼氏と金重の二工は正宗十哲にも名を連ねています(両者が弟子かどうかについては定かではありませんが、作風から見て影響を受けているのは確実です)美濃伝の現存する作刀のほとんどは室町期の作で、あまり長い刀が見られないのも美濃伝の特徴の一つです。

 短刀 朱銘 志津 光徳(花押)(名物 稲葉志津)

短刀 朱銘 志津 光徳(花押)(名物 稲葉志津)

東建×刀剣展~五箇伝の名刀~が関鍛冶伝承館で2017年9月25日まで開かれているので、五ヶ伝の刀剣の違いなど見る良い機会ですよ!

流派について

長船派延寿派古京物一文字派同田貫派来派千子派信国派青江派粟田口派大和五派など

流派記事一覧

(画像出典:サムライの武器、日本刀 | 昇龍道 SAMURAI Story – Central Japan)

日本刀の処分・売却をお考えならこちらもご覧ください
日本刀買取

東京都の刀剣展示会

上古刀・古刀・新刀・新々刀・現代刀

関連記事

  1. 長船長義・兼光と共に南北朝期の備前の代表工

    2017.09.28
  2. 長船派・名実ともに日本刀を代表する一大流派

    2018.04.04
  3. 延寿派・南朝方についた刀工集団

    2018.03.17
  4. 来派・山城伝を代表する工房の一つ

    2018.02.15
  5. 信国派・山城伝と相州伝を受け継ぐ流派

    2018.04.17
  6. 古京物・山城伝の源流

    2018.03.10
PAGE TOP