Loading

刀剣ブログ

日本刀画像査定・添付画像・撮影について

日本刀画像査定・添付画像・撮影について

どんな画像を送ればよいかわからない方へ

日本刀の画像査定で必要な写真や注意事項などを詳しく記載しますので画像撮影の際、ご参考にして下さい。

銃砲刀剣類登録証(登録証)の写真

登録証には登録記号番号、種別、長さ、反り、目くぎ穴、銘文、各都道府県教育委員会、発行年月日が記載されています。記載内容が明確に読めるような全体の画像を撮影して下さい。

※登録証がない刀剣類はお買取できません。登録証がある場合は必ずお送り下さい。現在の登録証はラミネート加工(パウチ)されています。

現在の登録証の写真

古い登録証の写真

悪い例(記載内容が一部しか確認できません)

ダメな登録証の写真

刀全身の写真

刀の全身の画像を撮影して下さい。

※登録証がない場合は、長さがわかるようにメジャーなどと一緒に撮影して下さい。

日本刀全体の写真

日本刀全体の写真

柄(つか)が抜けない場合の全体写真 柄の外し方はこちら

日本刀全体の写真

刀身の拡大部分の写真

全体だけでなく刀身(刃がついている部分)の先端(鋒・きっさき)など拡大画像を数枚撮影して下さい。傷や錆があればその部分も撮影下さい。より正確な査定ができます。

鋒の写真

鋒の写真

刀身部分拡大写真

刀身の茎(なかご)の写真

刀剣鑑定・査定において重要なポイントです。柄を外した部分の画像を撮影して下さい。銘があれば銘文がある方を撮影して下さい。

茎の写真

茎の写真

茎の写真

柄(つか)の外し方

茎(なかご)の銘を確認する際の柄(握る部分)の外し方を、ご説明させて頂きます。

柄の外し方

柄の外し方

柄の外し方

柄の外し方

刀は柄に上から刀身を差しまして、横から竹の目釘で止めております。目釘の細い方から太い方に向かって細い物で突いて頂けますと、目釘が抜ける様になっております。目釘が抜けますと柄から刀身が外れる様になっております。緩い場合は簡単に外れるのですが、固い場合は慣れていませんと中々外れませんので、ご無理なさらなず、お怪我されません様にお気を付け下さい。

白鞘(しらさや)全体の写真

白鞘は別名、休め鞘とも呼ばれ、刀を保管する時の鞘です。全体の画像を撮影して下さい。

白鞘の写真

拵(こしらえ)の全体写真

刀を携帯するための日本刀の外装を拵といいます。わかりやすくいうと日本刀の外出着です。拵全体の画像を撮影して下さい。

拵の写真

拵の写真

拵の写真

刀装具の写真

拵全体だけでなく柄や鐔など刀装具の拡大画像を数枚撮影して下さい。

刀装具画像査定

刀装具画像査定

鑑定書の写真

特保鑑定書(刀剣)

査定のポイントの一つになるのが「鑑定書」です。各鑑定機関が発行した鑑定書の中でも、刀剣界では公益財団法人日本美術刀剣保存協会(日刀保)が発行する物が最も価値を高く評価されています。

メール画像査定(24時間受付中)
メール画像査定

LINE画像査定(24時間受付中)
LINE画像査定

お電話でのお問合せ
0120-920-855(平日10:00~18:00)

日本全国の刀剣常設展示

白山吉光・鎌倉中期を代表する名剣

関連記事

  1. 古物商・買取業者の皆様へ

    2017.08.11
  2. 生前整理で日本刀の処分売却をお考えなら

    2018.09.21
  3. 刀・刀剣・日本刀売買には身分証明書が必要です

    2017.08.20
  4. 日本刀を売る・日本刀を売りたい方へ

    2018.11.26
  5. 遺品整理で日本刀が出てきたら

    2018.04.28
  6. 日本刀・刀剣 各都道府県教育委員会一覧

    2017.11.03
PAGE TOP