Loading

刀剣ブログ

延寿派・南朝方についた刀工集団

延寿派

延寿派(えんじゅは)

来派から分かれた一派

肥後国延寿派は、山城の来国行の孫と伝えられる国村に始まる流派で、菊池氏の抱え鍛冶として同国の菊池郡隈府(現熊本県菊池市隅府)に居住したと伝わっています。一派を代表する刀工としては、前述の国村の他に国信、国時、国資、国泰などがおり、来派同様に一派の刀工が「国」の字を通字としています。加えて、同派の年紀は菊池氏(南朝方)の抱え鍛冶という伝来を裏付けるように全て南朝年紀で切られています。その作風は、同派の出自を裏付けるかのように、前期(鎌倉末期~南北朝期)の作品は来派に近似し、入札鑑定でも両派を当り同然として扱っています。但し、来派と比べると鍛えに流れ柾を交えて白け映りが立ち、刃文は匂口が幾分沈みごころで刃中の働きが穏やかとなるのが来派との相違です。また、帽子は先の丸みがやや大きく、返りを浅く焼くなどの点も同派の特色となっています。また、延寿派の作刀は「寿(とし)を延らえる(延ばす)」という一派名から縁起物としても尊ばれ、関の寿命と同様に武家同士の贈答に用いられました。因みに、室町期に延寿派から分かれたのが同田貫派で、同派を通じて幕末まで肥後国を代表する流派としてその名を残しました。

国村が代表工

同派の刀工を下記で数工挙げていきます。
延寿派の祖国村は、古伝書では大和千手院派出身の弘村の子と記載され、弘村が来国行の門に入り、娘婿となって生まれたのが国村と伝わっています。正真確実な同工の年紀作は現存していませんが、銘鑑では来国俊とほぼ同時期の正和頃としています。
延寿国信は、国村の門下の鍛冶で、寡作ではありますが、三井記念美術館所蔵の重要文化財指定の太刀が斯界では知られています。また安土桃山期に記された古書「紛寄論」では「国信の作風は来派よりもむしろ粟田口派に似ている」と記されており、同太刀の作風からも粟田口国吉のような作例をうかがい知ることができます。
延寿国資は、同派の中でも最も来派に近い作風を示す刀工で、殊に重要文化財に指定されている肥後熊本藩主細川家伝来の太刀(画像参照)は同派を代表する作刀の一つとして斯界では名高いです。
延寿国時は、国村の子と伝わり、同派の中では比較的作例が多く、またその名跡が室町期まで続いています。その為、同派の中では最も目にする機会の多い刀工といえます。
延寿国泰は、延寿国村の子と伝えられ、上記の三工などと並んで同派を代表する刀工の一人です。延慶から正平頃まで作刀がみられ、同派の中で最も強く沸づく傾向がみられます。
国信、国資、国時、国泰の四工は体配や作風、年紀などからみて同時期の刀工とみられ、来派の刀工でいえば来国光や国次などと同時期にあたります。

延寿国村

重文 太刀 銘 国村

重文 太刀 銘 国村(出典:昭和大名刀図譜

重美 太刀 銘 国村

重美 太刀 銘 国村

延寿国信

重文 太刀 銘 国信

重文 太刀 銘 国信 (出典:日本刀京の名匠

延寿国資

重文 太刀 銘 国資

重文 太刀 銘 国資(出典:昭和大名刀図譜)

太刀 銘 国資

太刀 銘 国資

刀 金象嵌銘 延寿国資 本阿(花押)

刀 金象嵌銘 延寿国資 本阿(花押)

押形画像 重文 太刀 銘 国資(出典:日本刀 五ヶ伝の旅 山城伝編

刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
刀買取なら鋼月堂へ

古京物・山城伝の源流

太刀と刀の違い

関連記事

  1. 千子村正・千子派・徳川家に祟る刀

    2018.02.13
  2. 古京物・山城伝の源流

    2018.03.10
  3. 長船長義・兼光と共に南北朝期の備前の代表工

    2017.09.28
  4. 一文字派・刀剣史上最も華やかな作風をもつ流派

    2018.03.08
  5. 大和五派・大和伝を代表する諸派

    2019.05.10
  6. 五ヶ伝とは

    2017.08.20
PAGE TOP