Loading

刀剣ブログ

道誉一文字・南部家所縁の太刀

道誉一文字

道誉一文字(どうよいちもんじ)

  • 指定:御物
  • 銘:一(名物 道誉一文字)
  • 所蔵:宮内庁管理
  • 種別:太刀
  • 流派:一文字派

道誉一文字

道誉一文字

名物道誉一文字

御物 太刀 銘 一(名物 道誉一文字) 出典:昭和大名刀図譜

道誉一文字押形

道誉一文字押形

道誉一文字押形

道誉一文字押形

道誉一文字押形 出典:国宝備前名刀展図録

南部家所縁の太刀

本太刀は、享保名物帳所載の名物「道誉一文字」です。享保名物帳に「昔佐々木道誉老所持 貞享元極」と記されており、佐々木道誉(佐々木高氏)の号道誉から名付けられました。その後、如何なる経歴をたどったかは明らかではありませんが、池田家(松平伊代守 池田綱政)の所有となり(寒山先生は著書で武将としても名高く、また愛刀家、鑑定家としても有名であった池田三左衛門輝政が入手したものではあるまいか。と書かれています)、その後、尾張徳川家(尾張中納言綱誠)へ渡り、当時南部家所蔵の「亀甲貞宗」が尾張徳川家へ渡り、返礼として南部家に贈られました。鞘書には「道誉一文字御刀 尾張中納言綱誠卿ヨリ被進」と記されています。昭和三年十月に明治天皇が東北地方行幸の節、盛岡に於て南部利淳より献上され、現在も皇室が所有しています。尚、十二代本阿弥光常による極めの折紙「道誉一 文字 正真長サ有之 貳尺六寸四分 代金子百枚 貞享元年子極月三日本阿(花押)」が附帯します。

婆沙羅大名として知られる佐々木道誉

佐々木道誉は、承久の乱に宇治川で先陣し、近江の守護となった佐々木信綱の玄孫で、四郎高氏と言い、佐渡守、検非違使に任ぜられ、北条高時に仕え、高時が剃髪した時一緒に髪を落として道誉と号しました。ところが、北条高時の甚しい振舞を見てあいそをつかし、足利尊氏と結んで鎌倉攻めに参加しました。その他、尊氏に従ってしばしば南朝方と兵を交え、正平三年には楠木正行と四条畷で戦い、ついにその首を得るなどの武勲を立てています。とにかく、南北朝時代に於ける武将の一人で、謀将としてその存在は大きく、また、婆沙羅大名として知られ、「太平記」にもその奇行が記されています。

鎌倉中期の福岡一文字派の代表作

この太刀は、姿は鎬造、庵棟、腰反り高く踏張りつき、中鋒猪首ごころとなる豪壮な太刀姿である。地鉄は小板目つみ、地沸細かにつき、乱れ映り立つ。刃文は大丁子乱れ、重花、蛙子、袋丁子など交じり、匂口締りごころに足・葉頻りに入り、小沸つき、総体に砂流しかかり、金筋処々に入る。帽子は表裏とも乱れ込み小丸に返る。茎は生ぶ、先栗尻、鑢目筋違、目釘孔二、架下中央に「一」の銘がある。健全で最も華やかな鎌倉中期の福岡一文字派の作であり、とかく華麗な出来は鍛えが肌立ち、ザラつく感じのものが多いですが、この太刀は華やかな大出来でありながら肌がよくつんで美しいところに優秀さがあり、華麗な刃文の福岡一文字で鍛えがこの作に優るとも劣らぬものに名物日光一文字があります。作風、銘振りともに鎌倉中期の福岡一文字派の典型的なもの、かつ、代表作で愛刀家垂涎の一口です。

一文字派についてはこちらをお読みください。

道誉一文字の刀剣展示

道誉一文字は皇室御物のため、一般公開は難しいですが、1999年の東京国立博物館で開催された御即位10年記念特別展「皇室の名宝 美と伝統の精華」や2009年の御即位20年記念 特別展「皇室の名宝-日本美の華」で特別展示されました。また一文字派の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

道誉一文字押形 出典:図説刀剣名物帳

太刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
太刀買取なら鋼月堂へ

会津正宗・蒲生氏郷が四百貫で手に入れた名物

日本一則重・細川護立侯爵愛蔵の一口

関連記事

  1. 大般若長光・異例の代付で知られる太刀

    2017.08.04
  2. 会津正宗・蒲生氏郷が四百貫で手に入れた名物

    2019.10.23
  3. 疱瘡正宗・世嗣の祝儀に代々使われた刀

    2019.09.20
  4. 乱光包・徳川将軍家伝来の短刀

    2019.11.02
  5. 日光助真・天下人家康の愛刀

    2018.09.22
  6. 不動行光・主君に殉じた忠臣の愛刀

    2018.01.11
PAGE TOP