Loading

刀剣ブログ

日本刀の処分方法

日本刀の処分方法

日本刀の処分前に

刀剣類が、家や蔵などから出てきた時や遺品整理中に出てきた場合の対処方法がわからず、当店に問合せを頂くことが頻繁にございます。ここでは、そういった場合の刀剣類の対処方法や処分方法をお伝えいたします。

まず「銃砲刀剣類登録書」があるかを確認してください

銃砲刀剣類登録書(登録証)はございますでしょうか?あれば何の問題もございません、刀身の状態に関わらずそのまま売ることが可能です。但し、この登録証がないと、売却どころか「不法所持(所謂銃刀法違反ですね)」状態になってしまいます。
※また、面倒だからといってそのまま不燃物として捨ててはいけません。でも慌てなくても大丈夫です。

  1. 所轄の警察署へ電話連絡
    まずは、所轄の警察署(担当部署は生活安全課)に「日本刀が出てきた」旨を、電話で連絡してください。
    ※もし電話する前に持参してしまうと「拘束・逮捕」される可能性も有りますので、くれぐれも電話連絡をお忘れなく。警察署に電話されますと、「刀剣類発見届」を届け出るように案内されます。その際に、警察署によっては多少の違いはありますが、当該の刀剣類を警察署に持参するように案内されます。持参すると、当該の刀剣類が出てきた経緯(例:遺品整理をしていたらみつかった、蔵を壊したら出てきた)などの聴き取りがあります。そして「刀剣類発見届」の記載と提出が完了しましたら「刀剣類発見届出済証」が交付されます。この時点で「不法所持状態」が解消されます。まずは、ひと安心ですね。
  2. 銃砲刀剣類登録の審査
    次は、廃棄処分となるか、美術品として所有できるかの分かれ道である「銃砲刀剣類登録」の審査(銃砲刀剣類登録審査会は、各都道府県の教育委員会が開催します)を受け、この審査を通過すれば美術品として所有・売却・譲渡などが可能になります。※審査には費用(一点につき6300円)が掛かります。しかし、もしこの審査が不通過であれば廃棄処分となってしまいます(美術品として認められなかったために武器扱いとなるため)。その場合、警察署に持参するよう通告があり、そのまま没収・廃棄処分となってしまいます(県によっては警察官が審査会上で立ち会っている場合もあります)
    ※注意点があります。それは審査に携わる審査員が、県によっては刀剣の専門家ではない可能性があるということです。その場合、機械的に判定(銘の有無など)される場合も多く、実際は美術品としての価値があるにも関わらず審査から落ちてしまう事がある、ということです。

価値ある日本刀を処分・廃棄するより次世代に譲り渡してみませんか?

日本刀を処分

価値ある美術品である日本刀が廃棄されてしまう悲劇を繰り返さないためには、まず刀剣買取専門店である当店にご連絡ください。お持ちの刀剣が美術品としての価値があるのか、その場合の金額は幾らなのかをプロの目で査定させて頂きます。また、銃砲刀剣類登録審査費用に見合う価値があるのかを含めてアドバイスさせていただきます。因みに、あまりに保存状態が良くない刀(刀身全体に錆が出ているなど)の場合は、審査が保留となる事もありますので、あのあたりも含めてお話させていただきます。

日本刀・刀剣類の処分・売却なら

何はともあれ、日本刀が出てきたら当店へご連絡ください。色々と手続きが必要な刀剣類ですが、まずは当店にご相談頂ければ、警察署への連絡~「銃砲刀剣類登録」審査~ご売却までしっかりとサポートさせて頂きます。日本刀の売却をお考えでしたら宅配査定、出張査定にて高価買取いたします!また画像査定にておおよその買取価格をご提示することも可能です。日本刀のことならなんでもお尋ねください!

日本刀のことならなんでもお聞きください
お電話でのお問合せ
0120-920-855(平日10:00~18:00)

日本刀の画像査定はこちら

もし家から日本刀が出てきたらどうすればよい?

刀は手入れをせずに放っておくと錆びます

長曾祢興里(入道銘 虎徹)・江戸新刀の横綱

日本刀に関する用語・ことわざ

関連記事

  1. 日本刀の宅配買取・郵送買取が人気です

    2017.09.30
  2. 日本刀を相続したら

    2018.04.28
  3. 日本刀の買取価格教えます

    2018.02.23
  4. 刀・刀剣・日本刀売買には身分証明書が必要です

    2017.08.20
  5. 家に日本刀がある・倉庫から古い刀が出てきたら

    2017.08.09
  6. 古物商・買取業者の皆様へ

    2017.08.11
PAGE TOP