Loading

刀剣カテゴリ

薙刀買取

薙刀買取

薙刀買取なら日本刀専門の鋼月堂

鋼月堂はどこよりも薙刀を高く買取自信がございます!

薙刀とは

薙刀(なぎなた)先反りが深く、物打辺りの身幅が広く、鋒の鋭い刀身を長柄の堅木の先端に装着して使われた武具。
刃長は一尺三、四寸(39.4~42.4㎝)から二尺(60.6㎝)を超えるものまであり、区上辺りに特有の樋(ひ)が施されている。反りの深さによって、巴型や静型といった呼び名がある。

薙刀の語源については諸説ありますが、(馬の脚を)薙ぐ刀が訛って薙刀になったという説が有力です。鎌倉期から製作されていますが、江戸中期以降はほとんど製作されていません。平和な時代にはあまりそぐわなかった為と思われます。また、薙刀の茎の部分を短くして、刀や脇指に仕立て直した薙刀直しの刀や脇指がありますが、薙刀よりは高いですが本来の刀や脇指と比べると若干価格が安くなります。
昔は僧兵(弁慶が持っているイメージが有名です)、江戸期以降は女性が持っているイメージが根強いですが、刀剣類では最強の武器と言われています。但し、あまりに強すぎて卑怯と思われたのか不思議と薙刀の名手と呼ばれる人は少ないです。

薙刀買取

薙刀の種類

薙刀の穂先は二種類あり、幅広で反りが大きいものを「巴形」、細身で反りが小さいものを「静形」と言います。
静形は刀(薙刀直し)にされることも多かったため、現存する数が少ないのが特徴です。

巴形薙刀

巴型薙刀

大振りで反りの深い、張りのある薙刀が巴形薙刀

静形薙刀

静型薙刀

反りの少ない、伸びやかな薙刀が静形薙刀

長巻と薙刀の違い

薙刀と混同されやすい武器で長巻があります。長巻は長巻野太刀と呼ばれていたように野太刀(大太刀)から発展した武器になります。
柄の部分は、麻紐などで長く巻き絞めて使われた(柄巻)

薙刀を高く売るなら

いかがでしたか?
薙刀といえば、三尺五寸もある武蔵坊弁慶の大薙刀、岩融(いわとおし)が有名ですね。
日本刀・刀剣買取専門の鋼月堂では無銘・銘有問わず薙刀を高価買取させていただきます。
どんな刀も一振一振、一期一会の気持ちで鑑定・査定いたします。
買取相場、買取価格が気になるお客様は画像をお送りください!仮査定をさせていただきます。
お買取方法は出張査定、委託出品、宅配査定などお客様の都合に合わせてお選びください!薙刀を高く売りたい方はお気軽にお問合せ下さいませ!


薙刀のご売却なら鋼月堂へ

刀剣・刀装具・甲冑・武具・軍刀など刀剣類全般のお買取を行っております。
どんなことでもお気軽にお問合せ下さいませ!

お電話でのお問合せ
0120-920-855(平日10:00~18:00)

FAXでのお問合せ
050-3488-3279

画像をメールに添付して送るだけでの簡単査定
刀剣・日本刀の画像査定

お気軽にお問合せ下さい
お問合せについて

出張・宅配・委託販売
刀剣買取方法

PAGE TOP