Loading

刀剣ブログ

粟田口派・綺羅星の様な名工集団

太刀 銘 久国

粟田口派(あわたぐちは)

山城伝を代表する名工集団

粟田口派は、鎌倉初期から末期の初め頃にかけて活躍した刀工群で、室町時代には、贈物の最上位とされ、江戸期にも一門の藤四郎吉光天下三作の一つに選ばれ宝蔵されました。
古書では、粟田口派の始祖として国家の名を挙げていますが、同工の正真確実な在銘作は現存しておらず、国家の子と伝わる国友、久国、国安、国清、有国、国綱の六兄弟が実質的な一派の祖として扱われています。同派の刀工としては、六兄弟の他に、国友の子藤馬允則国や則国の子左兵衛尉国吉、国吉の子或いは弟子と伝わる藤四郎吉光など綺羅星の如く名工が並んでいます。
同派の作風は、「梨子地肌」の通称で呼ばれる品良く詰んだ小板目肌が代表的な作風として知られていて、製作年代や作者によっても差異はございますが、姿や刃文に如何にも山城らしい優美さを漂わせるのも同派の特徴といえます。

京の七口の一つ

粟田口とは、京の七口と呼ばれる京への出入口の一つで、東海道や中山道、北陸道へと通じるために、交通上・軍事上の要衝として古来より為政者に重視されました。かつては、山城国愛宕郡粟田口村、今日の住所表記では京都府京都市東山区粟田口及び左京区粟田口にあたります。
今日の同地には、代表的な門跡寺院である青蓮院や京都を代表する高級ホテルの一つであるウェスティン都ホテルなど国際的にも有名な建物がございますが、斯界ではむしろ粟田口派所縁の粟田神社や三条宗近所縁の合槌稲荷神社などの存在が広く知られています。

粟田口六兄弟が代表工

下記で同派を代表する刀工について少し触れていきます。

粟田口国友(くにとも)

国友は、国家の長男で、俗名を藤林左衛門と称したと伝わっています。現存する正真確実な在銘作は二口のみに留まり、その中でも熱田神宮所蔵で重要文化財に指定されている太刀が同工の代表作とされています。

重文 太刀 銘 国友

重文 太刀 銘 国友(熱田神宮)(出典:日本刀大鑑古刀篇)

粟田口久国(ひさくに)

久国は、国家の次男で、俗名を藤次郎と称したと伝わり、「藤次郎久国」という長銘を切った短刀が現存していることがその事を裏付けています。同工は、粟田口派の中でも随一の名工として古来より名高く、一説にはその技量の高さから御番鍛冶の教育係に任じられたともいわれており、今日でもその作例は高い評価を受けています。同工の代表作としては、伊予西条藩主松平家旧蔵で国宝に指定されている太刀がまず挙げられます。また、久国には短刀の作例もあり、こちらも同じく伊予西条藩主松平家旧蔵で重要文化財に指定されている一口が代表作として知られています。

国宝 太刀 銘 久国(花押)

国宝 太刀 銘 久国(花押)

重文 短刀 銘 久国

重文 短刀 銘 久国

粟田口国安(くにやす)

国安は、国家の三男で、俗名を藤三郎と称したと伝わっています。六兄弟の中では比較的在銘作が多く現存していますが、何れも作例は太刀のみです。同工の作風は、国友や久国のように細身の姿に梨子地肌を呈したものもありますが、むしろ身幅広めの姿にやや肌立った地鉄を呈したものの方が多く見られ、また刃文も直刃調というより小乱れや小丁子、小互の目などを交えた作がほとんどです。代表作としては、盛岡藩主南部家伝来で重要文化財に指定されている作や新発田藩主溝口家伝来の作などが知られています。

重文 太刀 銘 国安

重文 太刀 銘 国安

太刀 銘 国安

太刀 銘 国安

粟田口国清(くにきよ)

国清は、国家の四男で、俗名を藤四郎と称したと伝わっています。兄国友と同じく現存する在銘作は少なく、正真確実とされている同工の作例は久保田藩主佐竹家伝来の重要文化財に指定されている太刀と出雲松江藩主松平家伝来の重要美術品認定の太刀の二口のみです。因みに両作の茎の銘字は、重美が太鏨で渋り気味に銘を切るのに対し、重文は細鏨で伸びやかに切っているように相違(「日本刀銘鑑」の国清の項に、薫山先生の「両者ともに粟田口物にみえるが、銘振は相違する」という注釈)していますが、現在の研究ではその相違は製作時期の変遷によるものと考えられています。また、国清の作風としては。やや細身ではありますが兄国安に近似した乱刃を焼いています。

重文 太刀 銘 国清

重文 太刀 銘 国清

粟田口有国(ありくに)

有国は、国家の五男で、俗名を藤五郎と称したと伝わっています。現存する同工の正真確実な作例としては、伊勢神宮所蔵の重要文化財に指定されている作の一口のみです。同作は、大きく磨り上げられ銘は折り返し銘となっていますが、反りの深い優美な姿を今なお残し、よく詰んだ美しい梨子地肌を呈し、刃も小沸出来の穏やかな細直刃を焼くなど、粟田口派の典型的な作例を呈しています。

重文 刀 折返銘 有国

重文 刀 折返銘 有国

粟田口国綱(くにつな)

国綱は、国家の六男で、藤六あるいは左近将監と称したと伝わっています。同工の作風は、優美さが特徴とされる粟田口派としては異風な豪壮な作域を得意とし、その代表作として広く知られるのが天下五剣の一つとして知られる名物鬼丸国綱です。徳川黎明会が所蔵する重要文化財に指定されている太刀の様に、細身に直刃調の小乱、小互の目を焼いた兄久国を髣髴とするような作もありますが、どちらかというと身幅が広めで乱れ主調の刃を焼いた豪壮な作域のものの方が多くみられるのも同工の特徴です。

重文 太刀 銘 国綱

重文 太刀 銘 国綱

粟田口則国(のりくに)

則国は、国友の子で、藤馬允と称したと伝わっています。父同様に在銘作は少ないですが、その中でも因幡鳥取藩主池田家旧蔵で国宝に指定されている太刀が代表作として知られています。また、前述の通り同工の作例は少ないのですが、その中には短刀の作もみられます。

国宝 太刀 銘 則国

国宝 太刀 銘 則国

粟田口国吉(くによし)

国吉は、則国の子と伝わり、名物鳴狐国吉の銘文に「左兵衛尉藤原国吉」と切っていることから左兵衛尉に任じられていたことは確実です。同工は、短刀の作者としては後述する藤四郎吉光と共に同派を代表する名手として知られていますが、これまで紹介してきた他の粟田口派の刀工とは異なり、剣や短刀の作例が多くみられる一方で、太刀の作例は少なく、現存している正真確実な太刀の作は僅か二口のみです。

重文 剣 銘 国吉

重文 剣 銘 国吉

重文 短刀 銘 国吉

重文 短刀 銘 国吉

粟田口吉光(よしみつ)

吉光は、国吉の子、或いは門人といわれ、俗名を藤四郎と称したと伝わっています。同工は、粟田口派の掉尾を飾るに相応しい名工であり、新藤五国光と共に短刀の作者として双璧と讃えられています。国吉同様に、短刀或いは剣の遺例は比較的多く見られますが、吉光の太刀の違例は少なく、現存しているものとしては名物一期一腰藤四郎と尾張犬山藩主成瀬家伝来の小太刀の二口のみに留まります。

押形 太刀 銘 久国 出典:日本刀 五ヶ伝の旅 山城伝編

刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
粟田口派の刀高価買取いたします
日本刀買取なら鋼月堂へ

備中青江派・備中を代表する刀工群

関連記事

  1. 来派・山城伝を代表する工房の一つ

    2018.02.15
  2. 長船派・名実ともに日本刀を代表する一大流派

    2018.04.04
  3. 備中青江派・備中を代表する刀工群

    2019.04.06
  4. 千子村正・千子派・徳川家に祟る刀

    2018.02.13
  5. 信国派・山城伝と相州伝を受け継ぐ流派

    2018.04.17
  6. 一文字派・刀剣史上最も華やかな作風をもつ流派

    2018.03.08
PAGE TOP