Loading

刀剣ブログ

青森の神社・仏閣所蔵の刀剣・奉納刀

青森の神社・仏閣所蔵の刀剣・奉納刀

青森にある寺社(神社・仏閣)に所蔵・奉納された刀剣を重要文化財を中心にご紹介します。

高照神社

〒036-1344 青森県弘前市大字高岡神馬野87
津軽家の宝物を所蔵する高照神社宝物殿が老朽化したため、所蔵品は2018年に隣接に開館した弘前藩歴史館に移されています。

重文 太刀 銘 友成作
藩祖為信が太閤秀吉から拝領し、最後の藩主承昭が同社に寄進したと言われています。
重文 太刀 銘 真守
この真守は備前畠田派の刀工で、四代藩主信政佩用のものと言われ、五代藩主信寿が寄進した由来を持っています。

高照神社刀剣類(県重宝)高照神社刀剣類(市指定文化財)

青森県県重宝では刀 銘 相州住綱広(岩木山神社所蔵・弘前城史料館展示)、金梨子地牡丹紋散蒔絵衛府太刀拵(黒石神社所蔵)、太刀 銘 備州長船幸光(櫛引八幡宮所蔵)などがあり、その他、鬼神太夫が鍛えたという太刀 銘 安清(号 鬼神丸)(厳鬼山神社蔵)などが知られています。

国宝では櫛引八幡宮所蔵の赤絲威鎧、白糸威褄取鎧が知られています。白糸威褄取鎧は豪華さにおいては奈良県春日大社所蔵の赤糸威鎧(竹に虎雀金物)と双璧と言われています。

青森で日本刀買取なら鋼月堂へ
日本刀買取の鋼月堂

姫鶴一文字・上杉景勝の愛刀三十五腰の一口

岩手の神社・仏閣所蔵の刀剣・奉納刀

関連記事

  1. 大阪の神社・仏閣所蔵の刀剣・奉納刀

    2019.08.03
  2. 岩手の神社・仏閣所蔵の刀剣・奉納刀

    2019.09.07
  3. 宮城の神社・仏閣所蔵の刀剣・奉納刀

    2019.09.09
PAGE TOP