Loading

刀剣ブログ

青木兼元・孫六兼元の最高傑作

青木兼元

青木兼元(あおきかねもと)

  • 認定:重要美術品
  • 銘:兼元(号 青木兼元)
  • 所蔵:個人蔵
  • 種別:
  • 流派:美濃

青木兼元

青木兼元

青木兼元-銘

重美 刀 銘 兼元(号 青木兼元) 出典:古刀新刀名品集

青木兼元押形

青木兼元押形 出典:刀剣美術名刀鑑賞編合本16

別名「真柄切」

本刀は、孫六兼元作の名物「青木兼元」です。号の由来は、所持者の青木民部大夫一重に因みます。また、本刀で青木一重が真柄十郎左衛門直隆を姉川の合戦で討ち取ったことから別名「真柄切」とも呼ばれています。但し、「信長公記(太田牛一著)」では姉川の合戦で青木所左衛門(青木一重のこと)が真柄十郎左衛門を討ちとったと記載されておりますが、ほぼ同時期の「信長記(小瀬甫庵著)」や後世にまとめられた「寛政重修諸家譜」では討ち取った人物が異なっています。しかし、資料性の高さや成立時期から考えると、やはり「信長公記」の記載が最も信憑性が高いと思われるので、真柄十郎左衛門を青木一重が一人で討ち取ったのではなく、数人ががりで十郎左衛門と戦い、止めを刺したのが青木一重だったのではないかと思われます。青木一重没後は、子の青木甲斐守兼之が一重の遺言で一重の旧主丹羽長秀の子である丹羽五郎左衛門尉長重へと贈っています。その後は陸奥二本松藩主丹羽家に伝来し、昭和十四年に重要美術品認定、現在は個人蔵です。

三本杉の刃文で知られている

孫六兼元といえば、正宗虎徹村正などと並び広く人口に膾炙しており、知名度においては日本刀を代表する刀工の一人です。兼元は、関七流の一つである三阿弥系の鍛冶で、現在の金子孫六氏まで二十七代を数えます。代々切れ味には定評があり、最上大業物にも初代と二代の二工が選ばれています。二代兼元(通称孫六)は、同時代で共に最上作である二代兼定と並び、関を代表する刀工の一人であり、前述の通り最上大業物に選ばれるなど、切れ味に優れた孫六は、古来より武人に愛されました。
その孫六の特色と作風を挙げると、まず造り込みは鎬が高く、鎬幅も他の関鍛冶に比べて全体に身幅が広く、がっしりとした姿ですが、平肉は斬れ味を優先してかほとんどつきません。鋒は、尋常な鋒ですが、猪首鋒のような横手がグッと張った強い鋒で、帽子も地蔵風となります。地鉄は、板目に杢目交えよく詰んで処々僅かに柾がかり、よく詰んだ肌目に地景がよくつき、地沸微塵につきます。「関孫六三本杉」といわれるように、兼元の代表的な刃文が「三本杉」です。これは、尖りごころの互の目乱れが、二つ三つおきに一段高くなった様子が三本杉の家紋の様にみえることから付いた呼び名で、二代孫六兼元の創始による刃文であり、二代以後の代々の兼元が得意としましたが、二代の形の揃わない互の目を交えた刃とは異なり、代が下がるにつれて次第に形の整った単調な尖り刃となっていきました。

孫六の作としては唯一の重要美術品認定品

この刀は、姿は鎬造、庵棟、元先共に身幅広く、鎬高く、鋒延びて大鋒となり、先反りがつく。鍛えは、板目肌基調に流れごころの肌を交え、白気映り立つ。刃文は、後代の兼元とは異なる頭が丸みを帯びた不規則な三本杉乱れで、刃縁にほつれ、砂流しかかり、匂口深く、小沸つく。帽子は、乱れ込んで地蔵風となる。茎は生ぶ、先は栗尻、鑢目鷹羽、鎬よりに「兼元」の二字銘を切る。古来より孫六兼元の最高傑作といわれるだけあって地刃の出来に優れていて、同作中唯一の重要美術品認定品であることも頷ける名刀です。

押形出典:日本刀大百科事典

刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
刀買取なら鋼月堂へ

一文字派・刀剣史上最も華やかな作風をもつ流派

古京物・山城伝の源流

関連記事

  1. 小夜左文字・仇討ちに用いられた名短刀

    2018.01.05
  2. 名物刀剣・享保名物帳に掲載された名刀

    2017.06.27
  3. 日向正宗・鬼日向所縁の名短刀

    2017.12.18
  4. 燭台切光忠・言語を絶する名刀

    2017.10.25
  5. 浦島虎徹・異風な彫で有名な虎徹

    2017.09.02
  6. 日光助真・天下人家康の愛刀

    2018.09.22
PAGE TOP