Loading

刀剣ブログ

会津正宗・蒲生氏郷が四百貫で手に入れた名物

会津正宗

会津正宗(あいづまさむね)

    • 指定:御物
    • 銘:無銘 相州正宗(名物 会津正宗)
    • 所蔵:山里御文庫(宮内庁管理)
    • 種別:
    • 流派:相州伝

御物 刀 無銘 相州正宗 (名物:会津正宗)

会津正宗

御物 刀 無銘 相州正宗 (名物 会津正宗)出典:御剣

号の由来は、蒲生氏郷の領地会津に因む

本刀は、享保名物帳所載の名物「会津正宗」です。享保名物帳に「会津を領す蒲生飛彈守氏鄉卿代四百貫に被求、秀行卿へ伝。家康公へ上る。尾張大納言義直殿へ被進、秀忠公へ上る。」と記されており、蒲生氏郷の領地会津からとったものです。氏郷が四百貫で買求めたもので、埋忠明寿に金具を作らせています。子の秀行の代になって徳川家康に献じ、家康から尾張大納言義直に贈り、義直は二代将軍徳川秀忠に、そして再び義直が賜わって、尾張光友から将軍家へと移り(この事は鞘書に「元禄六酉年四月廿八日御隠居御禮之時 會津正宗御刀 代金参百枚 貳尺壱寸五分餘 反四分餘 尾張大納言上」と記されています。)、明治十二年(1879年)に有栖川熾仁親王に献上し、更に有栖川宮から明治十八年(1885年)明治天皇に献上して、今は御物となっています。蒲生氏郷所持の刀剣には会津新藤五、鉋切長光、江戸長銘正宗(焼失)などがあります。

蒲生氏郷は信長の娘婿

所持者の蒲生氏郷は、戦国期から安土桃山期にかけて活躍した武将で、戦場での活躍もさることながら、茶人としても利休七哲の一人(筆頭といわれています)に数えられるなど文武両道の活躍で広く知られています。
六角氏の重臣蒲生賢秀の三男として生まれた氏郷は、幼名を鶴千代といい、永禄十一年に父賢秀の主家六角氏が織田家に滅ぼされた後、織田家の家臣となった父の人質として織田家に差し出されました。この時に氏郷の大器を見抜いた織田信長は、氏郷が岐阜城で元服した際に自ら烏帽子親となったほどで、永禄十二年には次女(相応院)を嫁がせて氏郷を娘婿として迎えています。因みに、信長の娘の嫁ぎ先は同盟相手の長男(徳川家康の長男松平信康)や譜代の家臣の嫡男(前田家や丹羽家など)などがほとんどで、人質に嫁がせるのは異例のことです。このことから、若年でありながら、氏郷が信長から高い評価を受けていたかがわかります。元服後、信長の官職「弾正忠」から「忠」の文字を与えられ忠三郎賦秀と名乗った氏郷は、柴田勝家の与力として各地を転戦、織田家の主要な戦いのほぼ全てに参加しています。天正十年に信長が本能寺の変で討たれた後に、父より家督を譲られました。信長薨去後、秀吉に仕えた氏郷は、主君である秀吉の諱の一字である「秀」を下に置くことを避けるために、名乗りを賦秀から氏郷へと改めています。秀吉の下でも各地で奮戦し、大いに重用された氏郷は、天正十六年には正四位下左近衛少将へと任じられ、豊臣姓を下賜されました。天正十八年には、伊勢松阪十二万石から陸奥国会津四十二万石へと移封、検地加増により九十二万石の大領を与えられました。これは、豊臣政権下では前田利家、徳川家康に次ぐ石高であり、如何に氏郷が秀吉からも評価されていたかを物語っています。文禄の役で、肥前名護屋へと出陣した氏郷ですが、この陣中で体調を崩し会津へ帰国、病状が悪化した中で療養の為に上京、文禄四年に伏見において四十歳の若さで病死しました。氏郷の墓所は大徳寺の塔頭黄梅院(元々は昌林院にありましたが明治十一年に黄梅院と合併)にあるのですが、近年墓を発掘してみたところ、刀を抱いた姿で埋葬されていたことがわかりました。愛刀家としても歴史好きとしてもどんな刀を抱いているのか気になりますが、残念ながら詳細については発表されていないようです。

正宗晩年の作とみられる

姿は鎬造、庵棟、身幅広く反り浅く、やや大鋒となる。鍛えは板目よくつみ地沸つき、指表わずかに肌立ちごころに流れる。刃文は指表は広直刃わずかにのたれ、沸づいて小足・葉入る。裏はやや乱れ処々に袋刃、尖り刃交じる。総体に刃中ほつれ沸荒く厚くつく。帽子刃は乱れて焼詰となり掃きかける。僅かに棟焼つく。彫物は表裏にやや樋先の下った棒樋を掻き流す茎は大磨上、栗尻鑢目勝手下り、目釘孔二ツ。無銘。一見志津などに見えるが、志津よりも一段と明るく冴えているところに魅力があり、頗る健全であることも好もしい。この会津正宗は大磨上げ無銘で、元来は身幅の広い長寸の太刀であったであろうとされ、正宗晩年の作とみられています。

相州正宗についてはこちらをお読みください。

会津正宗の刀剣展示

会津正宗は皇室御物のため、宮内庁にて保管、一般公開は難しいですが、1997年の特別展「日本のかたな・鉄のわざと武のこころ」で特別展示されました。
全国の刀剣展示会情報はこちら

会津正宗押形 出典:図説刀剣名物帳

刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
刀買取なら鋼月堂へ

神奈川の神社・仏閣所蔵の刀剣・奉納刀

道誉一文字・南部家所縁の太刀

関連記事

  1. 名刀列伝・名物とよばれる名刀

    2018.04.05
  2. 獅子王・鵺退治の太刀

    2019.04.20
  3. 祢々切丸・日本屈指の長大な太刀

    2018.09.18
  4. 三ツ鱗紋兼若・初代兼若の傑作

    2019.09.27
  5. 平野藤四郎・前田家から皇室へとわたった名短刀

    2019.06.01
  6. 本庄正宗・徳川家で最も価値のある刀

    2017.08.30
PAGE TOP