Loading

刀剣ブログ

愛染国俊・太閤御物の短刀

愛染国俊(あいぜんくにとし

愛染国俊(あいぜんくにとし)

愛染国俊

愛染国俊

愛染国俊

重文 短刀 銘 国俊 (名物 愛染国俊)

愛染国俊押形

愛染国俊押形

愛染国俊押形

愛染国俊押形

号は茎の表に刻まれた愛染明王の彫物による

本短刀は、来派二字国俊の作で、享保名物帳所載の名物「愛染国俊」です。号は茎の表に刻まれた愛染明王の彫物によるものです。名物帳には「秀吉公之御物也。森美作守殿拜領。其後為遺物上る。家光公より加州御家へ被下。綱利公初て御目見之時拝領共、其刻利常卿より御譲り共申伝也。表釼、裏棒棒樋并添樋、中心表に愛染之彫物有之。」と記され、もとは太閤御物の一口で豊臣秀吉の所有品でしたが、のちに家康へ渡り、森美作守忠政(森蘭丸の弟)が家康から拝領、将軍家光へ献上し、犬千代(後の前田綱紀)が母の大姫(徳川家光の養女)に連れられ初めて江戸城に上り家光に拝謁した際に、家光から本短刀を拝領しました。(竹千代(後の徳川家綱)からは包家の御刀を拝領)、以後前田家に伝わり、昭和10年に旧国宝に指定、現在は法人蔵です。愛染国俊の号の由来でもある愛染明王は家庭愛を説く仏様です。文字通り愛で染めるということですね。家庭円満が一番ですね。

二字国俊作の唯一の短刀在銘作

姿は平造、庵棟、身幅は広く、丈は長く、僅かながら反りがある。鍛えは小杢目に板目交り、刃文は匂深く尖りごころの互の目乱れで小足入り。切先の双は乱れ込み、先は尖って少し返る。彫物は表は大柄の素剣、裏は棒樋に腰元添樋をほる。茎は生ぶ、僅かに反る。表の目釘孔下に愛染明王像を線刻し、その下に大振の二字銘をきる。幅広く反った短刀は鎌倉中期の短刀としては異風のもので、二字国俊の短刀の在銘作は本短刀の一口のみです。

来派についてはこちらをお読みください。

愛染国俊の刀剣展示

愛染国俊は2016年11月12日・13日に佐野美術館にて小夜左文字や国宝 太刀 銘熊野三所権現長光ともに展示されました。次回の展示は未定ですが、来派の作品は全国の刀剣展示会で不定期で展示されます。機会があれば是非ご覧になって下さい。
全国の刀剣展示会情報はこちら

愛染国俊押形(出典:図説刀剣名物帳

短刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
短刀買取なら鋼月堂へ

新潟の神社・仏閣所蔵の刀剣・奉納刀

安土桃山時代から江戸時代の刀剣

関連記事

  1. 五虎退吉光・虎をも退けた名短刀

    2018.02.10
  2. 一国兼光・土佐一国と同じ価値を持つ刀

    2017.09.19
  3. 加藤国広・加藤清正の佩刀

    2019.12.12
  4. 青木兼元・孫六兼元の最高傑作

    2018.03.09
  5. 祢々切丸・日本屈指の長大な太刀

    2018.09.18
  6. 岩融・弁慶の薙刀

    2018.02.10
PAGE TOP