Loading

刀剣ブログ

備中青江派・備中を代表する刀工群

青江派

備中青江派(びっちゅうあおえは)

備中を代表する刀工群

備中青江派は、粟田口派一文字派と同様に御番鍛冶を幾工も輩出している当時を代表する刀工集団であり、古来から今日に至るまで愛刀家から高い人気があります。
青江派は、備中高梁川下流域を中心に活躍した刀工群で、承安頃の安次を祖として始まると伝えられ、現在では平安末期から鎌倉中期頃までのものを古青江、それ以降を青江と大別しています。かつては、鎌倉末期から南北朝中期までの作を中青江、それ以降の作を末青江と呼び分けていましたが、最近ではこれらの呼び名はあまり使用されません。

古青江は青江派と妹尾派に大別

古青江とは、平安末期から鎌倉初期にかけての備中の刀工の総称です。
今日では、青江派と妹尾派に大別されていて、著名工としては、青江派は安次や貞次、康次など、妹尾派は則高や正恒、守利などが知られています。

縮緬肌と澄鉄が代表的な特徴

まず青江派の代表的な作風として、備前の近くにありながら作風には山城気質が強く表れることが挙げられます。
古青江期では、その形状から縮緬肌と呼ばれる独特のちりちりと肌立った小模様の小板目、小杢目肌が代表的な特徴で、鎌倉末期以降になると同派の地鉄は細かに詰んだ地鉄が主流となり縮緬肌は少なくなりますが、澄肌或いは澄鉄とも呼ばれる独特の地班が鎌倉中期以前よりも顕著に表れるようになります。
刃文は、古青江期では小沸出来で匂口が沈みごころとなる直刃主調に小乱や小丁子を交えたものが多くみられますが、鎌倉後期以降になると小沸出来から匂本位で締りごころの直刃や湾れ調となり、時代の要求からかそれまで小模様だった刃文も逆丁子乱れなどの大模様の刃がみられるようになります。茎の特徴としては、古青江では刀銘で切った二字銘がほとんどですが、鎌倉末期以降は長銘を切った作や年紀入の作がみられるようになり、また刀銘よりも太刀銘に切る作が多くなります。また、鑢目が大筋違もしくは筋違となるのも同派の代表的な特徴の一つです。

青江派と比べ備前気質が強い妹尾派

妹尾派は、備中国都宇郡妹尾郷(現岡山県岡山市南区妹尾)で鍛刀したと伝えられ、則高を始祖とし、代表工としては正恒が挙げられます。銘鑑上では、則高、正恒の他に則恒、恒遠、守利、行真などが挙げられていますが、正恒以外の同派の刀工の現存する在銘作は少ないです。
妹尾派の作刀は、青江派の作よりも鍛刀地が備前寄りである為か、青江派の作風が山城気質であるのに対して、妹尾派の作風は備前気質であるなど若干の相違がみられます。また、前述した通り、この時期の青江派の刀工は銘を刀銘に切るのが特色ですが、妹尾派では古備前と同じく太刀銘に入れるという違いもみられます。それに加え、古備前と妹尾派は作風が近いだけではなく、同銘の鍛冶が正恒の他にも複数工みられます。青江庄周辺は洪水の多い土地柄で、幾度も流されたためか隆盛の割に資料が少なく、あくまでも仮説ではありますが、古備前と妹尾派には作風と刀工名など共通点が多くみられる事と鎌倉中期以後の妹尾派の作品がまったくみられない事などからみて、妹尾派の鍛冶は洪水の多い青江周辺から備前へと移住したのではないかと推測されます。

知名度の割に不明な点が多数

青江派の故地である備中国窪屋郡青江(現岡山県倉敷市菅生)は、近くにあった内海である吉備の穴海(現在の児島湾や児島湖はその一部)の畔でしたが、タタラ製鉄の為に行われた大量の伐採により山から土砂が流れて堆積した事により干潟が出来て、やがて埋め立てなどで現在のような陸地となりました。妹尾派の説明で少し触れましたが、同地は元々水辺であった関係上水難が多く、中世には度々洪水に見舞われています。結局、室町中期頃に起こった大洪水により青江鍛冶は絶滅し、それ以後青江派の作刀はみられません。
また、この度重なる洪水の為か同派についての現存する資料は少なく、知名度の高さの割に同派の詳細については不明な点が多いです。

名物狐ヶ崎為次や正恒(鶴岡八幡宮所蔵)などが同派の代表的な作例

同派を代表する作例としては、名物狐ヶ崎為次(現国宝)やにっかり青江(重要美術品)、鄙田青江、太郎太刀などの名物も著名ですが、名物以外にも同派の作刀には名刀が多くみられます。その中でも島津家旧蔵の古青江康次(現国宝)や鶴岡八幡宮所蔵の古青江正恒(現国宝)大河内家伝来の古青江守利(現国宝)などが同派の代表作として斯界では広く知られています。

重文 太刀 銘 守次

重文 太刀 銘 守次

大青江

重文 刀 金象嵌銘 貞次磨上之/本阿(花押)(名物 大青江)

小青江

刀(金象嵌銘)貞次(名物 小青江)

国宝 太刀 銘 正恒

国宝 太刀 銘 正恒(出典:昭和大名刀図譜

国宝 太刀 銘 康次

国宝 太刀 銘 康次

太刀 銘 為次 (号 狐ヶ崎)

国宝 太刀 銘 為次 (号 狐ヶ崎為次

国宝 太刀 銘 守利

国宝 太刀 銘 守利

重文 短刀 銘 備中国住次直作 延文三年十一月日

重文 短刀 銘 備中国住次直作 延文三年十一月日

重文 脇指 銘 備中国住次直作 延文三年十二月日

重文 脇指 銘 備中国住次直作 延文三年十二月日

般若の太刀

重文 太刀 銘 守次 附 黒革包糸巻太刀拵(号 般若の太刀) 別名 輪宝太刀

にっかり青江

重美 脇指 (金象嵌銘)羽柴五郎左衛門尉長(以下切) (名物 にっかり青江

重文 太刀 銘 包次(号 新髭切)

重文 太刀 銘 包次(号 新髭切)

真田源太左衛門尉信綱(真田幸隆の嫡男)の所持の大太刀(真田宝物館所蔵)
重文 大太刀 銘 □中国住□/□六年二月日

重美 刀 無銘 青江(号 荒磯)

重美 刀 無銘 青江(号 荒磯)

数珠丸恒次

重文 太刀 銘 恒次(名物 数珠丸恒次

太刀 銘 備州万寿住右衛門尉吉次作

重文 太刀 銘 備州万寿住右衛門尉吉次作(日枝神社所蔵)

太刀 銘 恒次(名物 鄙田青江恒次)

太刀 銘 恒次(名物 鄙田青江恒次)

押形 刀(金象嵌銘) 貞次磨上之/本阿(花押)(名物 大青江)

刀の売却・購入をお考えならお気軽にご相談下さい
青江派の刀高価買取いたします
刀買取なら鋼月堂へ

弁護士・公認会計士・司法書士など士業の皆様へ

獅子王・鵺退治の太刀

関連記事

  1. 千子村正・千子派・徳川家に祟る刀

    2018.02.13
  2. 大和五派・大和伝を代表する諸派

    2019.05.10
  3. 古京物・山城伝の源流

    2018.03.10
  4. 一文字派・刀剣史上最も華やかな作風をもつ流派

    2018.03.08
  5. 粟田口派・綺羅星の様な名工集団

    2019.04.30
  6. 長船派・名実ともに日本刀を代表する一大流派

    2018.04.04
PAGE TOP